映画もアニメも漫画も大人気の鬼滅の刃ですが、今はgo toキャンペーンも相まってか、鬼滅の刃の聖地の話題が盛り上がってますね。

まずは、主人公の竈門炭治郎の名前の由来とされる「宝満宮竈門神社」(福岡県太宰府市)と「八幡竈門神社」(大分県別府市)という2つの竈門神社。

宝満宮竈門神社には、太宰府政庁の鬼門除けという役割があったそうですし、八幡竈門神社に住んでいた鬼というのが、太陽を嫌う人食い鬼で、その鬼が神社の階段を作ったという伝承があるそうです。

そして、映画に関連して人気が出てきているのが、蒸気機関車。

特に、sl鬼滅の刃が走っている熊本から博多の蒸気機関車は大人気。コスプレで乗車される方には、記念品がもらえるサービスもあり、車内にはアニメのキャラクターのコスプレで乗車している人もいるようです。

他にも、主人公の竈門炭治郎が修行中に斬った岩そっくりの「柳生一刀石」があるという奈良市・柳生町、作品の中で負傷した主人公たちが療養していた「蝶屋敷」の雰囲気が似ているという愛知県犬山市の野外博物館「明治村」に展示されている日本赤十字社中央病院病棟など、まだまだ聖地が登場しそうな気配です。