新作大河ドラマ、鎌倉殿の13人。

脚本が、三谷幸喜さんとあって、これまでの大河とは違った面白さがあるようですね。

初回、主人公の北条義時と馬に乗って逃げる「姫」の招待が、ラストに判明するのですが、それがまさかの人物で、まさにマジック。

ちなみに、鎌倉殿の13人とは、初代将軍頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男といわれている北条義時が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描いたドラマです。

その鎌倉殿の13人のロケ地ですが、ネットニュースによれば、

①鎌倉市の大蔵幕府跡
②静岡県伊豆の国市の北条義時屋敷跡
➂静岡県伊豆の国市の北条寺
④静岡県伊豆の国市の江川邸
➄静岡県伊豆の国市の豆塚神社
➅神奈川県小田原市の石橋山古戦場
⑦鎌倉市の鶴岡八幡宮
⑧岐阜県可児市・美濃加茂市の木曽川周辺

などのようです。

こうして見てみると、鎌倉が舞台とあって、静岡県伊豆の国市がロケ地としてはメインになっていますね。